TOP > ABOUT > 設計の流れ

設計の流れ

ご相談 1
・家を建てようかな?でも、どんな建物がいいのかわからない。
・みんなのいろんな希望を形にして欲しい。
・こんなものを建てたい!建物を楽しんで自分もつくりたい!
・この建物を快適に改造したい!
・マンションをリフォームしたい。
・こんなこと相談してもいいのだろうか?いろいろな状況の方がいらっしゃると思います。皆様ここからはじまりますので、まずはお気軽にご相談下さい。
店舗や集合住宅、各種施設等、建築全てに対応致します。
ご相談 2
お互いのことを理解する期間も大切です。
・私たちのこれまでに設計した建物の紹介
・敷地や周辺の見学
・要望などのヒアリング
・趣味や仕事の話などの雑談
・お宅拝見
・一緒に食事など
ご契約
設計監理委託契約(基本設計、実施設計及び工事監理の契約)をして設計をはじめていきます。
※設計料はここからかかります。
基本設計 3〜4ヶ月
新しい建物の方針や間取り・構造を決めるまでを基本設計と言います。
敷地に立ち、周囲や町の様子も調査しながら、考察を重ねます。時間をかけて、いくつもの案を描き、議論を重ねながら、お客様に合った家の姿を追求していきます。その過程でこの建物だけのキーワードが必ず出てきます。それらを骨組みとし、設計をしていきます。模型などでスタディを重ねます。みなさんがワクワクする瞬間です。
法規、構造をチェックしながら面積、間取りや断面計画の合意がとれたところで、案をまとめます。地盤調査が必要な場合は早めに調査しておきます。
実施設計 3〜4ヶ月
基本設計の案を、具体的にしていきます。お客様との打ち合わせは、外壁の素材、窓の高さ、床の仕上げ、壁の色、バス・キッチン等設備機器や照明に至るまで、模型やサンプル、スケッチ等でイメージを確認していきます。お客様の想いを細やかにくみ取り、図面化していきます。この図面が仕上がるところまでを実施設計と言います。
確認申請は、着工予定の1〜2ヶ月前まで(規模や構造により異なります)には出しておきます。
工事の見積りをする工務店や建設会社(1〜3社)を選び、連絡をとります。
見積りと調整 2ヶ月
工務店に図面を渡し、工事の見積りをとります。3〜4週間で見積りが出ます。予算に合わせて見積書を細かく分析しながら、金額を調整していきます。工事金額と工務店が決定したら、お客様と工務店の間で工事契約をします。私たちはそのサポートをします。
現場監理 5ヶ月〜
いよいよ工事がはじまります。図面や模型で想像していたイメージが、建ち上がります。建物の構造や施工のチェックをしながら、工務店や職人さんと細かな部分を打ち合わせます。お客様も、現場になって気づく事や新たなイメージがいろいろと出てくると思います。予算や工期等を調整しながら、建物をつくっていきます。
私たちは現場に数多く通います。現場での感覚を最も大切にしています。
完成後
建物は、お客さんが入ってはじめて命が吹き込まれます。住み始めて気づいた点等ございましたらどうぞお気軽にご連絡下さい。末永くお付き合いいただけたらと思っています。